ぴゅあすまいる ベビーサイン @神戸

神戸で活動する日本ベビーサイン協会マスター認定講師 maki のブログへようこそ! ベビーサインのことはもちろん、小児科クリニック看護師・わらべうたベビーマッサージインストラクター・絵本講師・おもちゃインストラクター・アルバムカフェ大使、勇気づけリーダーなど、様々な立場から情報をお伝えしています♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子どものおねしょに困っていませんか?

日進月歩の医療の世界。
私が働いている小児科クリニックでも、時々勉強会を行っています
先日は、去年日本で新しく発売された夜尿症の薬について、でした


夜尿症というのは、簡単に言えば、小学生になっても続くおねしょのことです。
おねしょが治療の対象になるってご存知でしたか

実は、おねしょはポピュラーなもの。
年長さんで約15%、小学校高学年でも約5%(40人学級で2人!)にみられるそうです。

子どものおねしょは、子どもの意志とは無関係に起こるので、決して叱らないでくださいね
叱って治るわけでもなく、むしろ、成功したときにほめることが大切です
(これは、乳幼児のおねしょも同じです。)

おねしょは、夜眠っている間に作られる尿量と膀胱の大きさとの
バランスがとれていないために起こるものなので、
恥ずかしいことでもストレスによるものでもありません。

ただ、そうはいってもやはり、親子ともに心理的にストレスを感じてしまいますよね。
多くはそのうち自然に治りますが、治療することで早くに改善されるケースが多く、
親子ともにストレスを減らしてくれます

治療の対象となるのは、ある程度膀胱などの機能が発達してくる小学生になってから。
受診する前に、その病院が夜尿症に対応しているか確認してくださいね


下記HPが参考になります
http://www.kyowa-kirin.co.jp/onesho/


関連記事

| ◆子どもの病気 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。